鵠沼通信

honkuge.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大連( 7 )


2012年 10月 27日

大連 2012/10/21-24 その2

ナツメの実である。 日本では生では食べたことがなかったが、大連ではよく食べられているらしい。
サクランボよりやや大きく、ちょっと汁気の少ないリンゴのような味である。 大連から旅順へは日帰りコースの距離である。 その旅順開城の歌に、「庭にひともとナツメの木〽」とあるが、中国、あるいは大連、旅順あたりではありふれた果樹なのであろう。
a0114003_16542121.jpg



おやつにもらった梨と柿。 小ぶりで丸かじりサイズである。 よく熟していて結構うまかった。
a0114003_16544144.jpg




a0114003_1655554.jpg




a0114003_16551572.jpg



帰国時、房総半島の海である。
a0114003_16552533.jpg

COOLPIX P310
[PR]

by hon-kugenuma | 2012-10-27 17:13 | 大連 | Comments(0)
2012年 10月 25日

大連 2012/10/21-24

再び大連である。 今回は3泊4日の日程で、観光なし。ホテルと関係先の往復のみであった。
出張の日程が子供の修学旅行と重なったので、比較的評判の良いP310を買って持っていった。 4日間使った感想は、F200EXRの替りにはならないという感じである。 センサーサイズの違いはこの数年の進歩では乗り越えられなかったようである。
a0114003_23395169.jpg




a0114003_23391650.jpg




a0114003_23405527.jpg

COOLPIX P310
[PR]

by hon-kugenuma | 2012-10-25 23:42 | 大連 | Comments(0)
2012年 09月 29日

大連いろいろ

大連には、E-PL1sとF200EXRを持っていったが、治安に不安のあるところでは、E-PL1sでも大きくて目立ちすぎると感じた。 大連で具体的に身の危険を感じたわけではないが、反日感情が高まっているときには、なるべく目立たないにこしたことが無い。 
海外に持っていくには、RAW撮りができるコンデジがいいな、というのが今回の感想である。

プラスチックの切符は、再利用されるとのことで、自動改札で回収される。
a0114003_10195229.jpg



電車は車内がせまく、天井が低く網棚、つり革がなかった。
a0114003_1020152.jpg



ニッコーホテル近くのマッサージ 「天照悠然」。 日本語が通じる。 1時間118元。 JALカードがあると8元引きとなる。
a0114003_10201037.jpg



中国のマクドナルド。 味は日本とそう変わらない。 バンズが少しパサパサした感じか。 言葉が通じなくてもメニューを見せてもらい、指さしすればOK。 メニュー、セットは日本と同じような感じで、世界共通のマクドナルドの管理体制を思わせる。 食べたあとは自分で片付けなくてもよいのが日本と違うところ。
a0114003_102020100.jpg



旧ロシア人街のお茶屋さん。 お茶の値段はかなり高い。
a0114003_10203697.jpg




a0114003_10204836.jpg




a0114003_10211865.jpg



大連港
a0114003_10214350.jpg



ガイドブックでは、この屋上に上がれると書いてあったが、現在は上がれなくなっていた。
a0114003_10221577.jpg

[PR]

by hon-kugenuma | 2012-09-29 10:24 | 大連 | Comments(0)
2012年 09月 26日

旧ロシア人街

大連の市内の観光地のひとつである。 お土産物屋さんがならび、マトリユーシカなどを売っている。 双眼鏡やおもちゃの銃などがたくさんうられている。 沖縄の米軍のサープラスのロシア版なのか。
a0114003_23591463.jpg




a0114003_23592472.jpg




a0114003_23593537.jpg




a0114003_23594486.jpg




a0114003_23595647.jpg




a0114003_00636.jpg



日本ではほとんど見られない放し飼いの犬である。 飼い主がくっついていないので、写真が撮りやすい。
a0114003_001556.jpg



かつての中国のイメージは天安門広場をうめつくす自転車の群れであったが、大連で自転車をみかけることがすくなかった。 大連市内や幹線道路での自転車の乗り入れが禁止されているとのことである。 
a0114003_002856.jpg

[PR]

by hon-kugenuma | 2012-09-26 00:01 | 大連 | Comments(0)
2012年 09月 23日

近代都市

「アカシヤの大連」、というような情緒が残っているかと期待したのだが、高層ビル群の立ち並ぶ近代都市の大連に、その面影を見ることはできなかった。 新しいビルばかりではないが、朽ち果てたような建物を目にすることはなかった。 まさに日本の都市と何も変わらない。 ただ、あちこちで工事をおこなっているためか、かなり埃っぽい街であった。 日本も高度経済成長のころはこうだったのだろうか。
a0114003_23264676.jpg



a0114003_23265597.jpg




a0114003_23271266.jpg




a0114003_23273029.jpg




a0114003_23274094.jpg




a0114003_23303537.jpg

[PR]

by hon-kugenuma | 2012-09-23 23:29 | 大連 | Comments(0)
2012年 09月 22日

大連の焼き鳥

中国各地での反日デモの真っただ中の出張であったが、幸い大連でははデモもなく、身の危険を感じるようなことはなかった。 
写真は、大連についた夜の関係者との食事会である。 中国ではあまり冷たいものは飲まないとのことで、だまっているとビールが常温ででてくるとのこと。 日本人としては、ビールだけは冷たいものを、とお願いした。 写真は青島(チンタオ)の純生という製品で、日本でよく見る青島ビールのプレミアムバージョンである。 
a0114003_225278.jpg




a0114003_2252164.jpg




鳩の焼き鳥である。 妊婦に栄養をつけさせるために、鳩を食べさせることがある由。
a0114003_22522779.jpg




a0114003_22525170.jpg




a0114003_2253282.jpg



宿泊は、日本語が通じる大連ニッコーホテルであった。 大連での主な交通機関はタクシーとなるが、日本語、英語は通用しないので、右折、左折など、最低限の中国語を覚えていないとなんともならない。
a0114003_2253131.jpg



a0114003_23351092.jpg

[PR]

by hon-kugenuma | 2012-09-22 23:04 | 大連 | Comments(0)
2012年 09月 19日

大連の猫

急きょ中国の大連への出張であった。 写真は、きりこ屋の猫である。
きりこ屋とはその名のとおり、切子細工のグラスの専門店である。 江戸切子の技術が戦前に大連に渡ったとのことで、日本で見るものとまるで同じである。 というよりも日本で売られている切子の多くは、この辺から輸入されているのではないだろうか。 きりこ屋の工房は旅順にあるとのことであった。 店の人はとても感じよく英語も堪能なので、中国語ができなくても買い物ができる。 値段もニッコーホテルの土産物コーナーの半額以下であった。 この猫も大変おとなしく、人懐っこいかわいいやつであった。
a0114003_0195587.jpg

[PR]

by hon-kugenuma | 2012-09-19 00:20 | 大連 | Comments(2)